Archive | 3月 2015

シャンプーの仕方が薄毛の原因?!

男性にとって薄毛の発症はとても悩ましいものです。多くの人は抜け毛や薄毛が始まった時にすかさず育毛トニックやスカルプシャンプーを使い始めるなどの対策を講じて、なんとか症状の悪化を食い止めようと苦心する傾向にあります。確かに最近特に注目を集めているスカルプシャンプーなどの製品には、毎日のシャンプーの仕方によって頭髪は大きく改善されるといった文言をよく見かけます。しかし本当に洗い方を変えるだけで頭髪の状況は改善されるのでしょうか。

もちろん、そういったシャンプーの仕方を改め、これまでの頭髪の汚れを綺麗に洗い流すやり方から、むしろ頭皮の毛穴の流れを丁寧に洗い落とすことに力を注ぐことで頭皮環境はこれまでに比べて随分と変わり、頭髪が成長しやすい状況が形成されることになります。しかしながら決してそれだけでは解決できない部分が存在するのも否定できません。

たとえばその顕著な例がAGAなどの病気が関係してくるケースです。男性型脱毛症と呼ばれるこの病気は男性ホルモンが過剰な働きをすることで頭髪の成長を阻害する物質が大量に分泌されるために抜け毛や薄毛が促進されていきます。こうした病気になるといくらシャンプーの仕方を整えたところで改善は見られず、まずはプロペシアなどの専門の飲み薬を用いた上で治療を行っていく必要があるのです。

このプロペシアを服用すると徐々に男性ホルモンの過剰な働きを抑制し、頭髪の成長を邪魔する物質が出るのを抑えることが可能となります。まずはクリニックを受診した上で医師の触診や問診を受けて、AGAの疑いがあるようならばこういったプロペシアの力を借りることで悩み続けてきた薄毛が改善できるかもしれません。

薄毛予防のシャンプーとは

頭髪の悩みを持っている人はまず間違いなく抜け毛に対して心配をしているという現実があります。完全になくなってしまい発毛にしか関心がないと言う人を除き、殆どの人は薄毛予防のシャンプーなどの商品に関心を示すことになるでしょう。この種類の商品は発毛ではなく育毛という方法で薄毛の悩みに対してある種の回答を提示することになります。
この種の育毛シャンプーは抜け毛を防ぎ、一本一本の毛を太くする効果が期待できます。そのために結果として薄毛対策にもなるのです。薄毛になる過程には髪の毛に栄養が行き届かなくなり、細く弱くなる過程を経て抜け落ちるというものですので頭皮に対して髪の毛が育つ環境を維持するように働きかけることには一定の意味があるのです。
このような薄毛予防のシャンプーは頭皮の血行を促進させるkと尾で髪の毛に栄養がいきわたり、成長できるように促す土台づくりをする役目を担っています。髪の毛そのものへの影響があるわけではありませんが、環境改善により育ちやすい環境づくりとそれを維持するための機能を持っているのです。
一方プロペシアなどを主成分とする最近のAGA治療薬は考え方が少し違います。髪の毛が細く抜けてしまうメカニズムそのものをプロペシアという薬の力を使って改善していこうというのがAGA治療の考え方です。これは髪の毛が生えやすい体づくりのための活動ですので薄毛予防のシャンプーの使用とは共存できる関係にあります。そのため最も効果的な薄毛対策はプロペシアなどの薬物治療を医師の指導のもとしっかりと受け、それと並行して髪の毛が生えやすい環境を作るということに他なりません。従来の対処法も薬物療法相補的な関係にある物なのです。